オスグッドシュラッター病

IMG_5857.jpg
IMG_6823.jpg
IMG_6249.jpg

小、中、高校生のスポーツ選手の皆さん

オスグッド病で長い間痛みが取れず悩んでいませんか?

​その悩み、私に一度聞かせてください。

選手のみなさん、膝の痛み(成長痛)で苦しんでいませんか?

☑ サッカーをしていたら膝が徐々に痛くなってきた。
☑ 膝を曲げるのが痛い。正座が出来ない。
☑ オスグッド病と診断されたが、その後なかなか痛みが引かない。
☑ 痛みを我慢してプレーしていたら悪化してきた。
☑ 痛みを早く取りたい。どうしたらいいか教えてほしい。
☑ ももの前をストレッチするように言われたが、膝が痛くてストレッチ出来ない。
☑ 少しでも早く痛みを減らしたいです。家で出来ることを教えてください。

なぜTSCスポーツ整骨院長崎に

膝の痛み(成長痛)を抱え苦しんでいるスポーツ選手

多く来院するのか?

それは、痛みの原因がわかり
手技治療、ストレッチ、リハビリ
徹底的に行い、無事にスポーツ復帰が出来るからです。​

オスグッド病って何?

オスグッドシュラッター病は11歳~13歳の発育期の男子競技者に多くみられる代表的な障害です。脛骨粗面(お皿の下)に疼痛、圧痛、膨隆を認め、バスケット、バレーボール、サッカーなどのスポーツにより大腿四頭筋(もも前の筋肉)により繰り返し引っ張られ脛骨粗面部の一部が剥離・修復を繰り返し、炎症を起こします。

11歳~13歳の時期は大腿四頭筋付着部が成熟骨になるまでは力学的に弱く症状が出現しやすい状態にあります。

1.2.392.200036.9125.9.0.253372253.325531
1.2.392.200036.9125.9.0.253383797.332995

​なぜ発症するのか?

​右のレントゲン画像は痛みを我慢しプレーを継続したため、脛骨粗面部の一部が分裂してしまっています(矢印の部分)。ここまでくると痛みはかなり強く、パフォーマンスも落ちてしまいます。このようにならないためにも早期に対応することが必要です。

​骨の成長(身長の増加)に筋肉の成長が追い付かないことが一つの原因と言われています。筋肉の成長が追い付かないため柔軟性が低下してしまい、大腿四頭筋付着部にストレスがかかりやすい状態になります。練習前のウォーミングアップや練習後のクールダウンがきちんと出来ていないと、疲労が蓄積し柔軟性の低下を招いてしまうのも一つの原因になります。当院に来院する選手のほとんどは柔軟性を失ってしまい、可動域が低下した状態でこられます。

​どんな症状か?

脛骨粗面部の疼痛を強く訴える選手が多く、痛みは運動時、主にジャンプ動作、ストップ動作、ボールキック動作にて痛みを顕著に感じます。​​サッカー選手は脛骨粗面部にボールが当たったりするだけでもかなりの痛みが走ります。痛みが強い時期は歩行、階段昇降でも痛みが出現します。

うつ伏せで膝を曲げる動作は大腿四頭筋をストレッチするため、付着部である脛骨粗面にストレスがかかります。通常であれば踵がお尻につくくらいまで曲がるのですが(下左写真)、痛みが強いと膝を曲げると代償動作でお尻が上に上がってしまう「尻上がり現象」が起きます。(下右写真)

IMG_3857.jpg
IMG_3858.jpg

​どうすれば痛みは改善されますか?

オスグッド病になった選手の共通点は股関節周りの筋肉の柔軟性を失っておりますので、手技、ストレッチ等で柔軟性の回復に努めます。同時に、股関節や他の関節を積極的に動かし、動的な柔軟性も確保していきます。
​同時に高気圧高濃度酸素ルームに1ヵ月間、週4回入ることに90%の選手は痛みがかなり軽減、もしくは痛みが消失しています。その後も痛みが再発することなく、プレー継続出来ております。

同時に体幹トレーニングや股関節周囲のトレーニングを痛みがない範囲で早期から積極的に行い、膝に負担がかからないように筋力アップを図ります。上記メニューを継続していくことにより、9割の選手は痛みが軽減し、パフォーマンスが改善されます。
​オスグッドシュラッター病で本当に悩んでる選手、長期間痛みが取れずに困っている選手は一度当院にご来院ください。

高気圧高濃度酸素ルーム
高気圧高濃度酸素ルームに1ヵ月間、週4回入ることでオスグッド部分の血流が改善され早期に痛みが取れ、スポーツ復帰することが出来ています。















高気圧高濃度酸素ルームに週4回入ることにより、体内の酸素量を上げ、血液の循環を上げます。血液の循環が良くなることで患部の血流が促進され通常よりも早く症状を改善することが出来ます。
​ただ練習を休んで待つのは時間が非常にもったいないので、少しでも早くスポーツ復帰をしたい選手はご相談ください。

IMG_4854.jpg
IMG_4859.jpg
IMG_4857.jpg

​料金

​3割負担 初診・再診:970円
      2回目 :500円
      3回目~:370円
上記料金に自費料金として1300円がかかります。

​テーピング:700円~(部位に応じて料金が異なります)
In Body測定(筋肉量・体脂肪量を測定)1回 500円

*最後の来院から1ヵ月経過しますと再診料金となりますのでご注意ください。
​*骨折の治療に関しましては「医師の口頭での同意」が必要となります。
*慢性的な疾患に関しましては健康保険適応外となり、自費診療となります。​


*小学生、中学生、高校生の親御様は下記をお読みください。

部活動中、通学中のケガ(外傷)は学校で加入されている日本スポーツ振興センターの保険が適応となり

3割負担+1割=4割分の料金が戻ってきます。

県民共済、コープ共済、国民共済に加入されている方は申請することが可能です。よって実質の負担金はございません。
何か不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

☎0957-47-5479
[受付時間] 10:00~20:30
[  休診日  ] 日曜日・祝日

​代表 本田智久のプロフィール

2005年

東京健康科学専門学校 アスレティックトレーナー専攻卒業

帝京大学ラグビー部 アシスタントトレーナー

2006年

専修大学ラグビー部 トレーナー就任

2013年

こころ医療福祉専門学校 柔道整復科入学

2014年

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー取得

長崎国体少年男子ラグビートレーナー就任

長崎北陽台高等学校ラグビー部トレーナー就任

2016年

こころ医療福祉専門学校 柔道整復科卒業

堺整形外科医院 福岡スポーツクリニック就職

半年後にタケダスポーツクリニックに異動

(現:医療法人TSC タケダスポーツ・ビューティークリニック)

2018年

長崎県諫早市にTSCスポーツ整骨院長崎を開業

2019年

​諫早農業高校ラグビー部トレーナー就任

IMG_3208.jpg

<保有資格>

・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

・柔道整復師

<トレーナー活動>

・長崎北陽台高校ラグビー部トレーナー

・諫早農業高校ラグビー部トレーナー

オスグッド病で悩んでいる選手、長期間痛みが取れない選手の皆さん、TSCスポーツ整骨院長崎に一度ご相談ください!!

☎0957-47-5479

[受付時間] 10:00~20:30

[  休診日  ] 日曜日・祝日

TSCへのアクセス

IMG_2584.jpg

​「大地のめぐみ」様の目の前にあるアパートの1階の青い看板が目印です。

IMG_2590.jpg

​階段横に3台の駐車スペースがあります。

IMG_2588.jpg

​店舗横に2台の駐車スペースがあります。

IMG_2594.jpg

​最寄りのバス停は「久山橋」です。徒歩で来院可能です。