​シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

IMG_6249.jpg
1.2.392.200036.9125.9.0.253069224.104412
1.2.392.200036.9123.100.12.11.14333.2015

選手のみなさん、シンスプリントで困っていませんか?

☑ 陸上の練習中、走っていたら徐々に痛くなってきた。
☑ ケガから復帰し練習をし始めたらスネが痛くなってきた。
☑ 痛みが強くなってきて走れなくなった。
☑ 病院に行ってレントゲン撮ってもらったが異常なしと言われた。しかし痛い...
☑ 痛みを早くどうにかしてほしい!!
☑ 痛みの原因を知りたい!
☑ 早く痛みを取りたいのですが、自宅で何か出来ることはありますか?
☑ 今後、シンスプリントにならないようにするためにはどうしたらいいですか?

​シンスプリントって何?

シンスプリントは陸上競技やサッカー等に多くみられるケガで、選手もよく知っており、「シンスプリントが痛いんです。」と言ってくることが多いです。

​陸上で走り過ぎた時やケガから復帰し練習を始めた時などに痛みが出やすく、はじめは練習終わりに痛く、徐々に練習中にも痛みが出始め、悪化してくると練習前から痛く、走ることが出来なくなってきます。

IMG_3727.jpg

脛骨の内側縁に沿って痛みが出ることが多く、下1/3(左写真)に頻発します。この部位は筋肉の付着部でもあるので、筋肉を過剰に使ってしまい、筋肉と脛骨の付着部にストレスがかかり炎症を起こしてしまいます。この炎症を放置し、練習を継続してしまうと疲労骨折に移行してしまいますので注意が必要です。

その痛みは本当にシンスプリントなのか、もしかしたら疲労骨折からくる痛みなのか早期に判断することが重要です。シンスプリントになった選手は足底からふくらはぎにかけて筋肉がとても張っており、今にも筋肉がはじけてしまいそうなくらいパンパンに張っています。なぜそこまで筋肉が張ってしまったのか原因を追究します。ウォーミングアップ、クールダウンはちゃんと出来ていたのか?練習量が多くオーバーワークになっていなかったか?セルフケアは出来ていたか?など詳しく聞いていき、一つ一つ改善していきます。

シンスプリントは一定期間痛みを我慢しながらプレーが出来てしまい、当院に来られる時はかなり悪化した状態で来院されることが多いです。そうすると痛みが消失するまでに時間がかかってしまいますので、いつか治るだろうではなく痛みが出始めた段階ですぐにご相談ください。

​病院に行ったほうがいい場合はどういう時?

・足をひきずるくらい痛い。

・片足ジャンプが出来ないくらい痛い。

・脛骨(スネ)の一部が盛り上がっている。

​このような場合は早急にスポーツ整形外科の受診をおすすめします。どこの病院に行ったほうがいいかわからない場合はお電話ください。

1.2.392.200036.9125.9.0.253069224.104412
1.2.392.200036.9123.100.12.11.14333.2015
1.2.392.200036.9123.100.12.11.14333.2015

​どんな治療・リハビリ・トレーニングをするの?

IMG_3724.jpg
IMG_3705.jpg
IMG_3726.jpg
IMG_3703.jpg

​ 痛みが出ている部位に骨折治療器のオステオトロンやハイボルト、超音波、ラジオ波を積極的に照射し、炎症をおさえていきます。

IMG_3388.jpg
IMG_3399.jpg

​ 足趾を使えていない選手が多いため、チューブやタオルギャザーにて足趾のエクササイズを行います。

IMG_3400.jpg

​ストレッチボードに乗りふくらはぎをストレッチします。

IMG_3701.jpg

​グリッドローラーを使い筋膜リリースを行います。

IMG_3699.jpg

​患部の状態をみながらカーフレイズにて筋力を上げていきます。

IMG_3697.jpg

​踵を落としふくらはぎのストレッチを行います。自宅でも階段を使い行うことが出来ます

IMG_3700.jpg

​100円ショップに売ってある青竹踏みで固まっている足底をほぐしていきます。

IMG_3408.jpg

​段階的にバランストレーニングの強度を上げていきます。

​痛みが軽減してきたらエアロバイクを漕ぎ、心肺機能を維持し、上記以外にも下半身、股関節周囲のトレーニングを積極的に行っていきます。自宅でのケアの仕方、トレーニングを指導し出来るだけ早期にスポーツ復帰できるようにプランニングしていきます。何かご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。

​シンスプリントには酸素ルームが非常に有効!

IMG_4859.jpg
IMG_4857.jpg

酸素ルームを導入してから、シンスプリントで悩んでいた多くの選手が無事に痛みなく復帰することが出来ました。シンスプリントは骨髄内まで炎症が波及している病態に関してはかなり痛みが強く、通常であれば復帰まで約8週~12週かかるケースがあります。通常の治療とリハビリでは痛みが取れるまで、MRIで炎症消失が確認できるまでが非常に長くかかってしまうため、高気圧高濃度酸素ルームに入りながら治療、リハビリを平行していくことで痛み、炎症が引いていくスピードが格段に上がります。実際に多くの選手が早期に競技復帰しております。

​偏平足を改善すればシンスプリントは治る

​料金

​3割負担 初診・再診:970円
      2回目 :500円
      3回目~:370円
上記料金に自費料金として1300円がかかります。

​テーピング:700円~(部位に応じて料金が異なります)
In Body測定(筋肉量・体脂肪量を測定)1回 500円

*最後の来院から1ヵ月経過しますと再診料金となりますのでご注意ください。
​*骨折の治療に関しましては「医師の口頭での同意」が必要となります。
*慢性的な疾患に関しましては健康保険適応外となり、自費診療となります。​


*小学生、中学生、高校生の親御様は下記をお読みください。

部活動中、通学中のケガ(外傷)は学校で加入されている日本スポーツ振興センターの保険が適応となり

3割負担+1割=4割分の料金が戻ってきます。

県民共済やコープ共済等に加入されている方は申請することが可能です。よって実質の負担金はございません。
何か不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

☎0957-47-5479
[受付時間] 10:00~20:30
[  休診日  ] 日曜日・祝日

​代表 本田智久のプロフィール

2005年

東京健康科学専門学校 アスレティックトレーナー専攻卒業

帝京大学ラグビー部 アシスタントトレーナー

2006年

専修大学ラグビー部 トレーナー就任

2013年

こころ医療福祉専門学校 柔道整復科入学

2014年

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー取得

長崎国体少年男子ラグビートレーナー就任

長崎北陽台高等学校ラグビー部トレーナー就任

2016年

こころ医療福祉専門学校 柔道整復科卒業

堺整形外科医院 福岡スポーツクリニック就職

半年後にタケダスポーツクリニックに異動

(現:医療法人TSC タケダスポーツ・ビューティークリニック)

2018年

長崎県諫早市にTSCスポーツ整骨院長崎を開業

2019年

​諫早農業高校ラグビー部トレーナー就任

IMG_3208.jpg

<保有資格>

・日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー

・柔道整復師

<トレーナー活動>

・長崎北陽台高校ラグビー部トレーナー

シンスプリントでプレー出来ずに悩んでいる選手の皆さん、TSCスポーツ整骨院長崎に一度ご相談ください!!

☎0957-47-5479

[受付時間] 10:00~20:30

[  休診日  ] 日曜日・祝日

TSCへのアクセス

IMG_2584.jpg

​「大地のめぐみ」様の目の前にあるアパートの1階の青い看板が目印です。

IMG_2590.jpg

​階段横に3台の駐車スペースがあります。

IMG_2588.jpg

​店舗横に2台の駐車スペースがあります。

IMG_2594.jpg

​最寄りのバス停は「久山橋」です。徒歩で来院可能です。