検索
  • TSCスポーツ整骨院長崎

諫早市 左股関節捻挫 諫早高校陸上部(短距離)

TSCスポーツ整骨院長崎の本田です。


「左股関節に痛みがあり、力が入りずらい感じがあるので、それを改善したいです。」


諫早高校陸上部で短距離を専門としている選手です。


短距離選手は股関節周囲、大腿部(もも)のトラブルが多く、特に肉離れは再発率が高い為、注意が必要です。


橋本選手は臀部(お尻)の筋力が弱っており、それが原因の一つと考えアプローチ致しました。


その後練習を重ね力の入りずらさは改善したものの、一番恐れていたもも裏に痛みが出てしまいました。


「痛みはあるのですが走れます。」


難しいパターンですね...


試行錯誤を重ね、トレーニングも入れながら高校生最後の高校総体を迎えることが出来、女子100m制覇という素晴らしい結果。茨城国体にも出場し最後までチャレンジし続けた橋本選手を誇りに思います。


大学でも陸上を続けるとのことで、今後の活躍を楽しみにしています!!


怪我だけはしないように.。


感謝。


閲覧数:28回0件のコメント